リハビリテーションセンター

各病棟のリハビリテーションのご紹介

1階病棟(急性期リハビリテーション)

1階西病棟では、主に心・血管系疾患(心筋梗塞や脳卒中など)や手術を必要とする整形疾患、重度の多発外傷や呼吸不全、乳腺外科など、多様な疾患を担っております。治療後、または治療中の患者様に対し、早期に生活再建を目標とした個々に応じたリハビリテーションプログラムを多職種で連携し立案・実施しています。また、緊急で入院された全ての患者様に対し、速やかに評価を行い、突然の病気やケガによって生じた入院生活による廃用症候群を最大限に予防しながら、心身機能の回復と社会復帰を目指していきます。


(多職種で連携したリハビリテーション)

1階病棟(がん患者リハビリテーション)

1東病棟は1西病棟同様、急性期病棟ではありますが、内科系疾患(心臓血管・呼吸・血液疾患)が病棟を占めています。特に、肺がんや血液がんの患者様への化学療法実施者が多く入院しており、がん患者リハビリテーションとして、障害の予防や緩和、あるいは能力の回復や維持、廃用症候群を予防する目的でリハビリテーションプログラムを立案・実施しています。また、カンファレンスを行い、他職種で連携し、退院後の生活が安心安全に行えるようサポートしています。1西病棟同様、緊急入院した全ての患者様への評価も行っています。


(がん患者様のカンファレンス)

2階西病棟(日常生活機能維持向上等体制加算病棟)

2階西病棟では、消化器疾患・腎臓疾患の患者様が多く、その方々を中心に病棟専属の療法士が日常生活動作能力の維持・向上を目的にリハビリテーションを実施しています。また、退院後の生活が安心安全に行えるよう看護師・栄養士・保健師等と他職種連携を図り、サポートしています。入院された全患者様を対象に入院時の状況を確認・評価し、退院時に生活動作能力が低下しないためにリハビリテーションの専門的視点から、安全に行える日常生活動作の指導や転倒転落予防の為の環境設定などを行っています。


(資料を用いた日常生活の指導)

2階東病棟(回復期リハビリテーション)

2階東病棟では、回復期リハビリテーション病棟として専属の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を配置しており、回復期入院料気蛤任盻室造靴紳寮で支援しています。脳血管障害や骨折の手術などにより、低下した身体機能を再び獲得するために各療法士が連携して状態に応じたプログラムを作成し、集中的なリハビリテーションを365日提供しています。また、身体機能改善だけではなく日常生活に関わる歩行や着替え・入浴など退院後の生活を想定した訓練や脳血管障害による高次脳機能障害、失語症など様々な症状に対して順応した療法士が積極的にリハビリテーションを実施し、在宅復帰・社会復帰を目指しています。退院支援では個人背景(家屋状況・家族支援状況など)をもとに福祉用具を選定し、身体状態に合った環境調整や必要に応じて在宅リハビリテーションの調整を行い、在宅に帰った後の生活までサポートできる体制を整えています。


(HONDA歩行アシストを併用した歩行訓練)

(身体機能に応じた更衣動作訓練)

(福祉用具を使用した入浴動作訓練)

(高次脳機能障害の評価)

3階西病棟(地域包括ケア病棟)

3階西病棟では、地域包括ケア病棟として病棟専属の療法士を配置しています。肺炎などの呼吸器疾患や骨折などの運動器疾患など、急性期を経過した病状の安定した患者様や軽症の患者様に対して、60日以内の自宅退院を目標とした個別リハビリ、生活リハビリ、生活環境調整等を行っています。また、在籍する病棟専属の療法士は、通所リハビリテーションや訪問リハビリテーションの経験を有しており、介護分野においても精通しているため退院支援や医療・介護連携が効率的に行えるよう努めております。


(退院支援のための多職種カンファレンス)

3階東病棟(生活期リハビリテーション)

3階東病棟では、経口摂取困難で胃瘻造設が必要となった患者様や比較的病状が安定しトイレ動作、入浴、更衣など日常生活動作の維持・向上を目的とした患者様が入院しています。生活期リハビリテーションとして、座る、立つ、車いすに移る動作の練習を行っており患者様の状況に応じて排泄動作や着替えなど今後の生活を送る為に必要な動作の練習も行っています。また、家族や施設等の介護従事者に対して福祉用具を活用した介助方法の指導等も行っており、在宅や施設で安心した生活を送るための支援を行っています。


(家族への介助指導)

池田病院 先頭へ