リハビリテーションセンター

施設基準

各療法士のリハビリテーションのご紹介

脳血管リハビリテーション

脳血管リハビリテーションとは、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などの脳血管疾患、脳腫瘍・脊髄損傷などの中枢性疾患、パーキンソン病などの神経疾患に対して、身体機能に生じる麻痺症状や失語症などの高次脳機能障害を改善、または維持できるように医師の指示のもと、リハビリテーションを提供しています。
当院では、入院中から自宅に退院してからの生活までサポートできるリハビリテーション体制を整えています。患者様一人一人の状況に応じて、その人らしい「くらし」を取り戻すための地域復帰支援から、職場復帰・運転再開支援など多岐に渡りサポートしていきます。


(電気刺激を併用した神経筋促通療法)

(簡易自動車運転シミュレーター SiDS)

運動器リハビリテーション

運動器リハビリテーションとは骨・関節・筋肉・神経などの身体を支えたり動かせたりする組織・器官に関する疾患である骨折・変形性関節症・身体のアンバランスに伴う痛み・靭帯損傷などに対して運動療法や物理療法、装具療法などを用い身体機能を可能な限り改善を図り、立ち上がり・歩行・階段昇降などの日常生活動作の獲得や職場復帰・社会活動への参加を目指します。また、当院では全日本ノルディック・ウォーク連盟に登録された指導員5名が在籍しており、リハビリテーションの歩行機能改善の手段として活用しています。


(ノルディックポールを使用した歩行訓練)

(超音波パルス療法による骨癒合促進)

呼吸器リハビリテーション

呼吸リハビリテーションとは、呼吸器に関連した病気を持つ患者様が、可能な限り疾患の進行を予防あるいは健康状態を回復・維持するため、医療者と協働的なパートナーシップのもとに疾患を自身で管理し、自立できるよう生涯にわたり継続して支援していくための個別化された包括的介入です。評価に基づきコンディショニングを併用した運動療法を中心に、生活動作トレーニングやセルフマネジメント教育、栄養指導等を含む包括的な個別プログラムを作成し、実践しています。また、当院オリジナルの教育手帳「きばっどリハビリテーション〜STOP再入院〜」を用いて様々な疾患の予防を指導しています。


(セルフマネジメント教育)

(きばっどリハビリテーション〜STOP再入院〜)

心大血管リハビリテーション

心大血管リハビリテーションとは、心臓疾患を有する患者様が、体力を回復し自信を取り戻し、快適な家庭生活や社会生活に復帰するとともに、再発や再入院を防止することを目標に、運動療法や生活指導などを行います。心不全、心筋梗塞、狭心症、心臓手術後などの患者様は、心臓の働きが低下し、また安静生活を続けたことによって運動能力やからだの調節の働きも低下しています。その為、患者様1人1人の状態に応じた、適切な運動療法を行うことが重要となってきます。更に、心臓病の原因となる動脈硬化の進行を防止することを目標に、食事指導や禁煙指導も行います。このように、心臓リハビリテーションでは、専門知識を持った医師、看護師、理学療法士、作業療法士、栄養士、薬剤師、検査技師など多くの専門医療職が関わり、患者様1人1人の状態に応じた効果的なリハビリテーションプログラムを提案し、実施していきます。


(エルゴメーターを使用した運動療法)

(トレッドミルでの評価)

がん患者リハビリテーション

がん患者リハビリテーションとはがんになると、がんそのものや治療に伴う後遺症や副作用などによって、患者様は様々な身体的・心理的な障害を受けます。がんのリハビリテーションは、がんと診断された時から、障害の予防や緩和、あるいは能力の回復や維持を目的に対応し、患者様の生活の質を大切にする考え方に基づいて行われます。当院では血液がん、肺がん、乳がん、消化器がんなどの患者様へリハビリテーションを提供しています。


(セラバンドを使用した運動療法)

(無菌室でのリハビリテーション)

池田病院 先頭へ