MENU

健康の知識

池田病院 ホーム > 健康の知識 > アレルギー(2)

健康の知識

健康の知識

アレルギー(2)

前号に引き続いて、テーマは「アレルギー」です。アレルギーの種類を大きく分け、社会問題になっている化学物質過敏症を始め、化粧品や金属のアレルギーを取り上げます。さらに春先に向けての花粉症対策についても触れておきます。

シックハウス症候群

池田病院

私たちの身の回りには化学物質が溢れています。例えば、ごみを焼却した際に出るダイオキシンや排気ガスなどが原因で、頭痛やめまい、鼻炎などを発症することがあります。そうした中で、建築に使われる化学物質が原因で発症する病気を、シックハウス症候群と呼んでいます。

家作りには塩化ビニールクロスや合板類が使われており、これらからはホルムアルデヒドなどの有害物質が揮発し、室内の空気を汚します。こうした空気を吸い続けているうちに、シックハウス症候群を発症する人が増加してきました。

最近、体に優しい家が求められるようになり、日本の昔ながらの「木の家」が見直されています。外気や陽光が入る木の家の中では、木が湿気を吐いたり吸ったりしながら、自然に湿度調節をしてくれます。「木の家」にならって、家の中の風通しを良くする工夫をしましょう。

化粧品による皮膚炎

池田病院

いわゆる化粧かぶれには、一時的な皮膚炎とアレルギー性のものの2種類があります。

一時的な肌のトラブルはよくあるもので、普段使っている化粧品でも、季節やそのときの肌の状態によって一時的に合わなくなることがあります。化粧かぶれで皮膚科を訪ねる人の中には、このように一時的な皮膚炎を患っている人も多いようです。

またどんな人でも、アレルギーの原因物質「アレルゲン」に高い濃度で触れる条件下にあると、かぶれを起こします。ただし、一時的な皮膚炎だからと言って油断は禁物です。肌荒れや皮膚炎を起こしている部分は皮膚が傷ついているため、そこから化粧品や細菌が入り込みやすくなっています。

特定の物質に対する抗体ができてしまうと、それ以後その物質に対して反応を起こすようになってしまいます。アレルギーを起こさないようにするには、まず原因物質を避けることです。「ひょっとしてこの化粧品が合わないのかも」と思ったら、とにかく使用するのをやめましょう。

ちなみに化粧品のアレルギーでよく問題にされるのは、その中に含まれる香料です。アレルギー疾患の人のために香料を含まない化粧品がありますから、そういうものを選ぶようにしましょう。

それ以前に覚えておきたいのは常に清潔にしておくことです。洗いすぎると皮膚を傷めることになりますが、きちんと汚れを落とすよう心がけてください。

金属アレルギー

池田病院

金属に対してアレルギー反応を起こす人もいます。

普段よく身につける金属には、腕時計や眼鏡のフレーム、ベルト、バッグの取っ手などがあります。またドアのノブやハサミ、硬貨などに反応する人もいます。女性の方が「金属アレルギーかな」と思ったときは、ネックレスや指輪、イヤリング、ブラジャーの留め金、ビューラーなどが原因でないか疑ってみてください。

歯の詰め物に含まれる金属がアレルゲンとなって、湿疹や歯肉炎などを起こすこともあります。そんなときは金属アレルギーのテストを受けます。金属アレルギーの疑いがあれば、その歯科材料を除去してもらいます。症状が改善する期間は人それぞれで、すぐに治まる人もいれば、数カ月から1年半ぐらいかかる人もいます。

花粉症対策  

池田病院

毎年、春になるとスギ花粉の話題がいろんなところで上がってくるほど、花粉症を発症する人が増えてきました。スギに続き、ヒノキ、クヌギ、イチョウなど、一年中何らかの花粉が飛散しており、幾つもの花粉症に悩む人が大勢います。

毎年発症している人の多くが、花粉の飛散時期に先立ち、医師からの内服薬を服用しているようです。マスクや眼鏡など、花粉症対策グッズを揃える人も少なくありません。 生活の中での工夫を紹介します。

朝露で花が濡れている状態にあるときは、花粉も飛散しにくいため、午前中に物干しや部屋の換気を行いましょう。午後は換気等を避ける方が無難で、特に風が強いときには花粉が入り込まないよう注意が必要です。

自動車の排気ガスなどの大気汚染が原因で、花粉症も悪化していると言われています。住まいの周辺にスギなどの樹木が少ない場合でも、周辺地域の交通量などの環境に注意し、対策を講じておきましょう。まだ花粉症を発症していない人でも、花粉を浴び続けていると、ある日突然花粉症になることもあるため、できる限り花粉を避けるのが無難です。

まとめ

一昔前に比べて、私たちの生活はずいぶん便利で快適なものになりましたが、生活環境の変化も影響して、アレルギー疾患の人は増加しています。

自分のできる範囲で病気や健康に関する知識を深め、アレルギー疾患から身を守りましょう。

池田病院花粉の飛散時期

コンテンツはここまで

池田病院

鹿児島県鹿屋市下祓川町1830 TEL:0994-43-3434

©Copyright 2008-2017 医療法人 青仁会 All Right Reserved.